ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Index

はじめてのおつかい




DokuWiki整形記法


PlayGround



development:script

各種Script

tips/参考

getopt よりも getopts

getopt(3) は UNIX で、コマンドの引数を処理する一般的な C 言語のライブラリ関数。それを用いて実装された getopt(1) コマンドも存在する。そして、Bourne シェル系だと getopts と言う内部関数もある。

getopt だと外部コマンドになり、色々と厄介なことがあるので、Bourne シェル系だと getopts を使った方が余計事が少なくて良い。

スマートな紳士のためのシェルスクリプト

tput

ターミナルは文字を表示するという機能以外にも、所定の場所にカーソルを表示させたり、フォントを変更したり、表示する色を変更したりとさまざまな機能を提供している。これら機能は制御コードシーケンスと呼ばれる特殊な文字列をターミナルに出力することで利用できる。ただし、制御コードシーケンスはターミナルごとに違っているため、通常は制御コードシーケンスを直接は使わない。かわりにターミナルデータベースからサポートされている制御コードシーケンスを持ってきてそれを利用する。これを簡単に実施するためのコマンドにtput(1)がある。

操作UbuntuFreeBSD
ターミナルクリアtput cleartput cl
指定場所にカーソルを移動tput cup 5 10tput cm 5 10
ターミナルのカラム数を表示tput colstput co
ターミナルの行数を表示tput linestput li
背景色を設定tput setb 5tput AB 5
前景色を設定tput setf 5tput AF 5
フォントを太字に設定tput boldtput md
設定をリセットtput sgr0tput rs
下線表示tput rmultput us
カーソルを表示tput civistput vs
カーソルを非表示tput cnormtput vi
development/script.txt · 最終更新: 2017/04/14 14:21 (外部編集)