ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Index

はじめてのおつかい




DokuWiki整形記法


PlayGround



tipsmemo:microservernas

FreeNAS + HP Microserver

HP ProLiant MicroServerでNASを作ってみます。
OSはzfsがかわいいのでFreeBSDと思ったのですが、NAS用途なので楽するためにFreeNASにしてみます。

基本方針

  • 5インチベイにもHDDをいれて5台構成
    • 内部のSATAポートはIDEモードらしいので、SATAボードを増設する
    • HackedBIOSで5inchベイ用の内部ポート使用
  • FilesystemはZFSのRaidZ1)
  • メモリは4G*2の8GByte2)
  • OSはUSBメモリにFreeNASをいれて駆動

ハードウェア

HP Microserver
CPUAMD Turion™ II NEO N54Lプロセッサー(2.2GHz、25W、2MB)×13)
キャッシュ1MB L2×2
メモリPC3-10600E DDR3 UnBufferd ECC 最大8GB(4G*2)4)
と言うことになっているけど普通のDDR3が使える
スロットPCI-e x16、x1

と言うわけで、メモリ交換とSATAボード増設を行う。
マザーボードはフロントパネルを開けて、手前のねじ2本を緩めると引き出せます。
堅いのでドライバーを使いたいのですがトルクス5)になっているので、フロントパネル内側の付属のものを使用します。

SATAボードはAsRockの安いやつを買いました。と思ったらハーフハイトのベゼルがついていません。
………フルハイトのベゼルを外してそのまま挿してOKと言うことにします。6)
あと普通のSATAケーブルだとケースと干渉したのでL字型のやつを使いました。

結局HackedBIOS入れちゃった

設定

[Advanced] → [IDE Configuration] Write CacheをOn
SATA Combined mode OFF7)

zfs設定時にAFT用に4K設定をした記憶がある…

FreeNAS

FreeNASはSourceForgeからDownloadして、DD for WindowsでUSBに入れました。

Tune CIFS

一部のマシンでむちゃくちゃ遅い…
で設定をちょいといじる

Large RW サポート     ON
DOSファイル属性のサポート OFF
補助パラメータ       max protocol = SMB2
AIOの有効化        ON

リポート対象のディスクを増やす

zfsデータセットを増やしてもグラフは増えない。
/etc/local/collectd.confに設定を書き込む。

<Plugin "df">
    Mountpoint "/mnt/tank"
    Mountpoint "/mnt/tank/hogehoge"
    IgnoreSelected false
</Plugin>

しばらくすると /var/db/graphs 配下にグラフデータが生成されて、GUIから見えるはず。

1)
現行のN54LならRaidZ2も行けそうか?→RaidZ2は荷が重そう
2) , 4)
N40Lを積んだモデル以降は16GB認識する
3)
2014/05/01最新版に変更しました
5)
星形のやつです
6)
よい子はマネをしないようにしよう!
7)
chipsetの項目にあるので、探すのに一苦労した…
tipsmemo/microservernas.txt · 最終更新: 2017/04/14 14:21 (外部編集)