ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Index

はじめてのおつかい




DokuWiki整形記法


PlayGround



os:freebsd:portupgrade

portupgrade

portupgrade は、インストールしたportsのアップグレードを簡単に行なうためのユーティリティです。

インストール

# cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
# make install clean

INDEXの更新

portupgradeのコマンドはportsdbで作成した情報を元に行われますので、portツリーの更新後に行います。
昔の方法。(泣けるほど時間がかかります:-()

# portsdb -Uu 
-U:INDEXファイル作成
-u:できたINDEXファイルを元にバイナリDBを更新

現在では man portsdb でも以下のコマンドが推奨されている。1)

# portsdb -Fu
-F:INDEXファイル取得
-u:できたINDEXファイルを元にバイナリDBを更新

portsをインストール

portinstallはportsをより楽にインストール

# cd /usr/ports/japanese/ne
# make install clean 
↓
# portinstall japanese/ne 

portinstallの詳細表示は-v、ログファイル記録は-Lオプション

# portinstall -vL /var/log/ports japanese/ne

とすると詳細を表示し、/var/log/portsに記録されます。

portsの削除

目的のpackageを削除するには

# pkg_deinstall ja-ne

削除したいpackageに依存するものも全て削除したい場合は

# pkg_deinstall -r ja-Canna 

古いバージョンのソフトの調査

古いバージョンのソフトを確認するには以下を実行

# pkg_version -vIL=
    OR
# portversion -v | grep needs
    OR
# portversion -l "<"

portsのアップグレード

portupgradeの一番単純な使い方は、

# portupgrade jvim3 

-fオプションを指定すると強制的にアップグレードします。結果的にはインストールのし直しをする働きになります。

# portupgrade -f jvim3 

-mオプションを指定するとmake時のオプション指定が可能

# portupgrade jvim3 -m '-DWITHOUT_X11' 

依存関係も解決してアップグレードできる
例:XFree86に依存する全packageをアップグレードする場合

# portupgrade -r XFree86 

一括でアップグレード

# portupgrade -a

portsの不要ファイルの削除

portsの作業ディレクトリをすべて削除

# portsclean -C

最新のportsで使われていないものを削除

# portsclean -D

-Lを指定すると、portsupgrade(pkg_deinstall -P)で削除されなかった共有ライブラリを掃除します。
-iを指定すると、確認をします。
-nを指定すると、削除の事前にシミュレートを行います。

インストール済みソフトウェアの一覧

次の様に実行します。

# pkg_glob -a
  or
# pkg_version

portsの依存関係の修復

次の様に実行します。

# pkgdb -F

自動修復の場合は、

# pkgdb -aF
1)
portsnapしている場合は portsdb -u で良いかもしんない
os/freebsd/portupgrade.txt · 最終更新: 2017/04/14 14:21 (外部編集)