ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Index

はじめてのおつかい




DokuWiki整形記法


PlayGround



os:freebsd:tips

Tips

CMOSクロック

/etc/wall_cmos_clock

このファイルがあると、CMOSクロックがローカル時間に設定されていることを示し、反対にこれが存在しないと、 UTC の CMOS クロックに設定されています。

Treeコマンドもどき

pwd;find . | sort | sed '1d;s/^\.//;s/\/\([^/]*\)$/|--\1/;s/\/[^/|]*/| /g'

ルーティングテーブルの表示

ゲートウェイ(gw)が不明な時など

# netstat -nr

ルーティング設定

# route add -net 10.2.251.0/24 172.16.1.1

永続化 ⇒ /etc/rc.conf

static_routes="net01"
route_net01="-net 10.2.251.0/24 172.16.1.1"

ホスト名の変更

/etc/rc.conf に記述します 以下は記入例。次回起動時から有効になります。

hostname="hoge.example.com"

なお、稼働中のままホスト名を変更するには hostnameコマンドを使用します。

# hostname hoge.example.com

IPの設定

/etc/rc.conf に記述します

ifconfig_re0="inet 192.168.0.1/24"
defaultrouter="xxx.yyy.zzz.###"

コマンドラインから有効化・無効化

# service netif [start|stop|restart] igb0
  • NIC名を省略すると全部が対象
  • 設定を書き換えた時にNIC単位で再起動できる

NICの watchdog timeout

大量のトラフィックを流すとこんな感じでネットワークが死ぬことがあります。

msk0: watchdog timeout
msk0: link state changed to DOWN
msk0: link state changed to UP
msk0: watchdog timeout (missed Tx interrupts) -- recovering

この例ではMarvellですがre0(realtek:蟹)とかIntelでも発生します。
googleでお伺いを立ててみましたが、どうもずいぶん前から有る問題のようで、数年前から同じような質問が出ています。
で、どうも根深すぎてFixもお手上げのような雰囲気なのが…orz
で、対症療法ですが、以下の設定でとりあえずは抑えられます。

# cat /boot/loader.conf
hw.msk.msi_disable="1"

FreeBSD10でもHP G6 の内蔵 NIC等、同様のケースがあるようです

bge0: watchdog timeout -- resetting
bge0: link state changed to DOWN
bge0: link state changed to UP
# cat /boot/loader.conf
hw.bge.allow_asf="0"

FreeBSD / Nas4Free / Broadcom (bge) driver issues

グループ追加

# pw add group -g 10001 -n newgroup

ユーザ追加

# useradd
or
# pw add user -n newuser -u 10001 -g newgroup -m

sudo

# pkg install sudo
# visudo

圧縮されたLOG閲覧

# bzip2 -dc ...log.#.bz2
or
# zcat ...log.#.gz
or
# gzip -dc ...log.#.gz | less

ファイルまたはディレクトリのみへの chmod コマンド

ファイルのみ

find . -type f -print | xargs chmod 644

ディレクトリのみ

find . -type d -print | xargs chmod 755

n日以上前に作成されたファイルやディレクトリの削除

30日以上前のファイル1)

$ find /path/to/ -type f -mtime +30

-execでコマンド指定できるので、削除は

$ find /path/to/ -type f -mtime +30 -exec rm -f {} \;

ディレクトリなら

$ find /path/to/ -type d -mtime +30 -exec rm -rf {} \;

tmpwatchコマンドを使う

起動時の待ち時間設定

起動時、通常10秒の選択を待つ時間がある
これを変更する場合2)

# cat /boot/loader.conf
autoboot_delay="3"

その他の設定項目については、

/boot/defaults/loader.conf

などを参照

cron でのPATH設定

以下のようにcrontabの先頭に追加する

# crontab -l                                                                                                  
PATH=/etc:/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/local/bin

#minute hour    mday    month   wday    command
0       4       *       *       1-6     /path/to/daily.script

Ruby on Rails のrakeなどは先頭3)

#!/usr/bin/env ruby19

と記述されているので、cronで呼び出すと

env: ruby19: No such file or directory

と、エラーになってしまう

参考

disk追加

# sade

# newfs /dev/ada1p1
# mount /dev/ada1p1 /mnt

参考

メモリ容量

hw.physmemが物理メモリサイズ

% sysctl hw | grep mem
hw.physmem: 1035907072
hw.usermem: 839008256
hw.realmem: 1069547520
hw.pci.host_mem_start: 2147483648
hw.cbb.start_memory: 2281701376
1)
-mtimeをかえれば分単位もOK
2)
例の場合3秒
3)
シェバンとかシバンとか言われてる
os/freebsd/tips.txt · 最終更新: 2019/02/04 09:57 by hayashi